NEWS HEADLINE
2021年10月25日

正副会長会議

日 時 令和31025日(月)11001200

場 所 富山県建設会館

内 容 

  • 常任理事会付議事項について
  • 行事予定について

2021年10月25日

建設業経営講習会

日 時 令和31020日(水)13301515

場 所 ボルファートとやま

テーマ SDGsの歴史的意義とAfterコロナでの企業の取り組み

講 師 一般社団法人中部SDGs推進センター 代表理事 戸成司朗

参加者 32

2021年10月25日

富山工業高校 現場見学会の開催

主 催: (一社)富山県建設業協会
開 催 日: 令和3年10月22日(金)
参 加 者: 富山工業高校 土木工学科 2年生 35名
見 学 先: 都市計画道路牛島蜷川線街路事業
神通川・堤防強化その9及び河道内整備工事
一般国道41号 富山高山連絡道路 猪谷楡原道路
 
2021年10月25日

全建からのお知らせ

2021年10月21日

今後必要とされる維持修繕の工事にも対応できるよう
知識や技術をさらに深めていきたい

八倉巻建設 (滑川市)
 土木部 主任 八倉巻 周平さん

 

Q1.現在、どんな仕事をしていますか。

 富山県新川土木センターが発注した滑川海岸(吉浦地区)海岸総合交付金異形ブロック製作工工事で消波根固めブロックの製作を行っています。
 工事を行っている滑川市吉浦地区の海岸は寄り回り波や高波浪が発生しやすく、海岸の侵食も進行しています。この事業は、制作した消波根固めブロックで護岸や堤防の前面を被覆し、ブロックの凹凸で波浪エネルギーを分散させることを目的として進められています。消波ブロックは、海浜の浸食防止(砂浜の形成)や離岸堤の設置の際にも用いられています。
 私の仕事は、使用材料の搬入時期の調整、コンクリートの品質管理、現場における技術的な指導、提出書類の作成が主になります。構造物を造るには多くの資材を必要としますが、限られた現場の敷地内で効率的に作らなければなりません。そのため、資材を搬入するときはそのつど数量を把握し、作業の支障とならない荷卸し場所の確保等を行う必要があります。 特に気を張っているのはコンクリート打設についてです。高温になる夏季は気温を確認してコンクリートの配合を変更し、打設時間も配慮した計画の作成を行います。また、夏場は硬化が早くなる事から、鏝仕上げや養生についての現場指導も同時に行います。
 こうした日々の作業内容や品質管理・出来形管理で得たデータを記録し、提出書類の作成を行っています。

続きを読む →

2021年10月21日

全建からのお知らせ

2021年10月18日

全建からのお知らせ

ページトップ ▲