NEWS HEADLINE
2020年10月20日

山間部の工事では、急な天候変化や台風等の異常気象への備えが欠かせません

高尾建設 株式会社 (富山市)
 副課長 若林 俊克さん

Q1.現在、どんな仕事をしていますか。

北陸地方整備局 立山砂防事務所が発注した「R2 サブ谷砂防堰堤補強工事」で現場代理人、監理技術者として施工管理の仕事をしています。

サブ谷砂防堰堤は、立山カルデラ内を流れる真川と湯川との合流点から約700m下流に位置しています。平成17年6月の大雨による異常出水で本堤の前庭部が洗掘され第1副堰堤も底抜けしたため、第1副堰堤の下流に新たに副堰堤を築造する計画で工事が進められています。工事では既設第1副堰堤下流の河床を掘削するため、薬液注入による止水対策を行ってから、コンクリート打設作業を進めています。
カルデラ内の工事は、有峰林道が開通している6月1日から10月30日までの5ヶ月間という短い期間でしか施工できないため、協力業者との打ち合わせを綿密に行い作業に遅れが生じないように互いに協力しあいながら進めています。
特に安全管理では、現場が山間部であり急な降雨時には河川の増水や土石流発生等が考えられるため、緊急時の避難体制を構築し、気象状況の把握、急な天候変化への対応、台風等の異常気象への備えは欠かせないので、常に考え気を付けているところです。

続きを読む →

2020年10月20日

全建からのお知らせ

2020年10月20日

第3回舗装専門委員会

日 時 令和2年10月20日(火)10:30~12:00

場 所 富山県建設会館

議 事

  • 今年度の提案議題
  • 土木部との舗装懇談会
  • 各支部の状況報告等

出席者 12名

ページトップ ▲