2021年10月21日

今後必要とされる維持修繕の工事にも対応できるよう
知識や技術をさらに深めていきたい

八倉巻建設 (滑川市)
 土木部 主任 八倉巻 周平さん

 

Q1.現在、どんな仕事をしていますか。

 富山県新川土木センターが発注した滑川海岸(吉浦地区)海岸総合交付金異形ブロック製作工工事で消波根固めブロックの製作を行っています。
 工事を行っている滑川市吉浦地区の海岸は寄り回り波や高波浪が発生しやすく、海岸の侵食も進行しています。この事業は、制作した消波根固めブロックで護岸や堤防の前面を被覆し、ブロックの凹凸で波浪エネルギーを分散させることを目的として進められています。消波ブロックは、海浜の浸食防止(砂浜の形成)や離岸堤の設置の際にも用いられています。
 私の仕事は、使用材料の搬入時期の調整、コンクリートの品質管理、現場における技術的な指導、提出書類の作成が主になります。構造物を造るには多くの資材を必要としますが、限られた現場の敷地内で効率的に作らなければなりません。そのため、資材を搬入するときはそのつど数量を把握し、作業の支障とならない荷卸し場所の確保等を行う必要があります。 特に気を張っているのはコンクリート打設についてです。高温になる夏季は気温を確認してコンクリートの配合を変更し、打設時間も配慮した計画の作成を行います。また、夏場は硬化が早くなる事から、鏝仕上げや養生についての現場指導も同時に行います。
 こうした日々の作業内容や品質管理・出来形管理で得たデータを記録し、提出書類の作成を行っています。

Q2.建設業を選んだ理由、仕事のやりがいを教えてください

 小さい頃から建設機械を間近で見てきて、「カッコイイな」と興味を持ったのは小学生の頃ですが、建設業に就職しようと決めたのは大学3年生の頃で時期としては遅かったです。大変な仕事であるとは理解していましたが、時間をかけて内容を知っていくうちに、改めてモノづくりへの興味が湧いていきました。
 実際に建設業の世界に入ると自分が思っていた以上に大変で、現場管理には多くの知識が必要で、各分野の高い専門性が求められます。 また、現場作業員や地域住民と円滑な関係を築く事、現場作業に係る法令関連の情報を収集する事も必要です。
 これだけ多くの事に配慮して工事を終えた時に得られる達成感は、この仕事ならではの魅力であり、やりがいを感じられる瞬間だと思います。

Q3.現場の環境について教えてください

 労働環境のいわゆる3K(キツイ、汚い、危険)は、作業条件により異なります。工期などの時間的制限や自然環境といった条件に左右される事が多く、現場では今後起こりうる事を予測して作業の段取りをする必要があります。 建設業全体の動きとして4週8休制度の導入が進んでいますので、当現場でも段取りを工夫しながら4週8休で作業を行っています。
 また、新しい技術の導入も進んでいます。施工現場の空撮などを自分でドローンを使ってできるようになったので、昔と比べてすごく進歩したと思います。

Q4.休日はどのように過ごしていますか?

 休日は地元の仲間と一緒に、アウトドアや温泉巡りをして楽しんでいます。

Q5.将来の目標を教えてください

 どの現場も高い専門性が求められますので、ここ数年携わってきた河川や海岸の工事の知識や技術をさらに深めていきたいです。
 今ある海岸構造物の多くは昭和40~50年代に造られ、令和を迎え相当な年数を経ています。海岸等の悪条件下でのコンクリート構造物の寿命は約50年と言われているので、コンクリート診断士の資格を取得し、今後必要とされる維持修繕の工事にも対応できるよう準備していきたいと考えています。

Q6.建設業を志す方へのメッセージ

 教育訓練の一貫として、若手技術者は経験豊富な技術者とツーマンセルで作業しています。 これには2つ理由があって、ひとつは現場での一般的な作業(測量・丁張)を覚えてもらうため、もう一つは若手技術者に安全意識を持ってもらうためです。現場では多くの重機が出入りしますし、足場等の高所で作業する作業員も多くいます。作業では何よりも安全が最重要なので、若手技術者には、危険な場所がどこなのかどのような行動が危険に繋がるかをベテランの知識と経験から学んでもらいたいです。
 建設業に入った最初は何も分からないのは当然の事なので、いろんな人に話しかけてみてください。皆さんに多くの事を教えてくれます。

現場の1日の流れ
8:00~8:15 朝礼、安全ミーティング
8:15~12:00 現場巡回、作業指導、安全管理など(途中15分休憩)
12:00~13:00 昼休み
13:00~13:10 打合せ
13:10~16:45 現場巡回、作業指導、安全管理など(途中15分休憩)
17:00~17:30 後片付け(作業状況によっては書類作成等)、帰宅
ページトップ ▲